浮気調査の見積もりや料金表でチェックするポイント

浮気調査の料金表で、必ず比較してチェックしたいポイント

浮気調査の料金表で、必ず比較したいチェックポイント

浮気調査をお願いする探偵を選ぶ際、もちろんその調査力は大切ですが、料金もしっかりと確認しておかなければなりません。

契約内容によっては、かなりの金額になる事があります。
後になってから支払えなかったり、生活に支障が出て困るようではいけないのです。

また、料金表で金額のみをチェックするのはNG。その内訳も細かく確認しておく必要があります。
そうしなければ、調査終了後に思いがけない金額を請求されてしまうことも…。
他にも、思っていたような調査をしてもらえなかったという話にもなりかねません。

探偵の料金表で、金額以外にも必ずチェックしたいポイントはどこになるのでしょうか。

浮気調査の料金表で、必ずチェックしたいポイント

浮気調査の見積もりや料金表の、具体的なチェックポイントをあげていきます。

調査員何名分の料金なのか?

はじめにチェックしておきたいポイントが、表にある料金は調査員何名分の金額になるのか?ということ。

探偵事務所によって、調査員2名あたりの金額で書かれていることもあれば、調査員1名あたりの金額を記載していることもあります。
調査員1名分だけの料金が記されている場合、パッと見た時はとても安価に感じるでしょう。
ですが、浮気調査を1名で行うことはまずないと思って下さい。少なくとも2名以上の体制であたるのが普通です。

もし、1名で浮気調査を行うとしたら、それはそれで大きな問題となります。
たった1人の調査員では、依頼者が望む様な浮気の証拠を掴める調査は出来ません。
調査員の人数に気を付けながら料金表を見ないと、結果として他より高い業者を選んでしまうこともあるようです。

経費はすべて含まれた料金なのか?

浮気調査に掛かる費用の内訳はどうなっているのでしょう。
まず、調査員に掛かる人件費。それに車両費や交通費、機材代などが必要経費として加わります。
探偵事務所によっては、報告書作成費が別に必要なこともあるでしょう。

料金表で必ずチェックしたいのが、これらの料金がどこまで含まれた金額なのかという事です。
探偵業者やプランによっては、諸経費が含まれた金額を記載している事もありますし、記載された金額にプラスして諸経費が実費請求されるケースもあります。

その他経費が含まれているのかどうかで、実際に支払う金額は大きく異なってくるでしょう。

経費が含まれているのは、大抵がパックプランと呼ばれる料金プランです。
それ以外は、経費は実費請求となるのが普通だと覚えておいて下さい。

こうした経費については、料金表をチェックするだけでは計りかねるものです。
実際に無料見積もりを利用し、浮気調査の総額がどれくらいの金額になるのか経費の上限等を確認しておいた方が良いでしょう。


成功報酬を支払う必要はある?

浮気調査のプラン内容によっては、調査終了後に成功報酬を支払う必要があることがあります。
料金表では、成功報酬が別にかかるプランなのかどうかもチェックしておきましょう。

相場よりも極端に安い料金の場合、調査が成功したときに追加で報酬を支払わなければいけないこともあるので注意しましょう。
また、成功報酬の明確な金額については、料金表に記載されていないことが多いので直接確認しておかなければいけません。


延長料金やその他深夜・早朝料金について

ついチェックを忘れがちですが、思いがけず調査が長引いた際の延長料金や深夜・早朝に調査員が稼働した場合の特別料金も確認しておくべきポイントです。

調査時間を延長した場合、延長料金が加算されることがほとんどです。
しかし、何分過ぎたら延長料金が発生するのか? 最低延長時間はどれくらいか? 
など、これらの料金設定は、それぞれの探偵によって異なります。だからこそ、チェックが必要な部分です。

また、深夜や早朝に調査を行う場合は、特別料金を上乗せする探偵業者も見られます。
上乗せされる料金も違えば、そもそも時間外料金がない業者もあるのでチェックを忘れないようにしましょう。

料金表は金額以外の項目もしっかり確認しよう

はじめに浮気調査を依頼するときは、調査員の人数、経費について調査時間の延長や調査にあたる時間帯についてまで考えが及ばないかもしれません。

探偵を複数社検討するのは当たり前ですが、なかには理解しにくく読み取りにくい料金表を提示する探偵もいます。 思いがけず料金が高額になってしまうトラブルを回避するために、イレギュラーな事態についても想定してチェックすることをおすすめします。

関連記事
Copyright (C) 探偵事務所を上手に選ぶ方法!名探偵の探し方 All Rights Reserved.